2019年6月17日~6月21日のFX収支報告

2019年6月17日~6月21日のFX収支報告です。

現在のトレードは以下の通りです

本口座

・ドル円、ユロドル(Sのみ)→OANDAのオーダーブックを使用して裁量トレード。

(たまにユロ円とオージー系もやります。)

スキャルピング~デイトレードな感じで数日間の持ち越しもする事があります。

・ポンド円、ポンドドル→ゲイスキャを参考にスキャルピング中心の裁量トレード。

・Lotを10万通貨→5万通貨→3万通貨に下げて検証中。

 

チャレンジ口座

・IG証券のノックアウトオプションにてハイレバチャレンジ

・ドル円、ユロドル、ポンドドルのスキャルピング中心

 ※こちらはユロドルLも復活です。

・オーダーブック、EMA、ゲイスキャを参考にしています。

 

今週はドル円、ユロドルともに分かりにくい感じでした。

ユロドルシュートは塩漬けながら、その時に応じて戻り売りをしています。

ドル円は、判断しにくい時が多く、トレンドが出ていても乗っかるのに躊躇する感じでいました。

損切りになったり、利益が出たりという状況です。

 

本口座では、Lotを下げての検証が試行回数735回になり、逆に3万通貨が当たり前になりつつあります 笑。

ユロドルショート塩漬け戦略が落ち着いて、利益が上がっていたらちょっとだけLotを上げることも検討中です。

最悪のシナリオで終了した場合は、そのまま3万通貨で続行です。

 

ユロドルはロングを封印しているので、上昇トレンドの時はチャンスが減ります。

しかし、僕はユロドルのロングが苦手なので、エントリーチャンスが増えても収支はマイナスになると思っています。

ロジックに当てはまっているのに勝てないって…。

実際、最近の状況でユロドルロング条件の時に、やはり予期せぬ動きが見られます。

ユロドルL、ユロ円S、オジドルSにはホントやられてます 苦笑。

 

もっと問題なのはチャレンジ口座です。

ルールも定まり後は検証だ!って感じに思ったのですが、優位性のあるルールとはとても思えない状況です。

案の定、口座は飛び、再入金後も負けています。

しばらく、Lotをさげての検証タイムが必要と判断しています。

メンタルのせいでLotを下げるのではなく、優位性のある手法が見つかるまではお金の無駄です。

探求しているのは機械的にやって期待値が高いスキャルピング手法です。

100万通貨でもメンタルがブレない作業的なスキャルピングです。

そんなの簡単に見つかるわけないですね 笑。

でもね、ちょっと試したいことが見つかりました。

僕はオーダー手法がメインなので、普段チャートは見てもろうそく足は気にしていません。

スキャルピングはろうそく足ですよね。

上手くいかないかもしれないけど、早く試してみたい 笑。

月曜日が楽しみです。

               

本口座

2019年6月17日~6月21日の通貨別成績

ドル円 19.6pips +5,880円(23戦 15勝)

ユロドル 114.3pips +46,311円(35戦 34勝)

他はノーエントリーです。

 

2019年6月17日~6月21日のFX収支報告

58戦 49勝

勝率 84.5%

獲得pips +133.9

約定損益 +42,901円

スワップ損益 +9,290円

合計 +52,191円

 

2019年の成績 

1月累計 +224,181円

2月累計 +335,928円

3月累計 -598,498円

4月累計 +329,316円

5月累計 +302,116円

6月累計 +180,489円

今年累計 +773,533円

全期間累計 +1,655,425円(2018/9/18~)

 

チャレンジ口座

今週累計 -120,911円(10万追加入金)

口座残高  70,625円

 

先週の収支はこちら。

 

 

 

 

 

・当サイトの情報を利用される際は、ご自身の責任と判断でお願いします。

・万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

・また、本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。

Posted by nagifx