2019.1.23 FX攻略日記 順張りと逆張り

昨日(2019年1月23日)の結果です。

 

月曜日と火曜日は下げていたドル円ですが、水曜日の昨日は2段階に分けて70pipsほど上げました。

後半はストップ狩りのような動きにも見えました。

日付が変わる少し前に110円にあと0.3~0.4pips手前で反転し、一気に50pipsも下げてしまいました。

昨日のようにトレンドがハッキリしている場合、たくさん獲れた人と焼かれた人、さらには往復を喰らった人に分かれたでしょうね。

 

トレンドと言えば、FXのトレード方法には順張りと逆張りというのがあります。

順張りはトレンド方向にそってエントリーする事です。

例えば、上昇トレンドの時にロングでエントリーする事です。

逆張りはその逆です。

上昇トレンドといっても、ずっと上がり続けるわけではありません。

小さく上下しながら上へ向かいます。

つまり、上昇中でも下がっている時間帯もあるわけです。

順張りの人は、上昇トレンドでエントリーする場合に、一旦下がったところでエントリーする事を狙います。

この方法を押し目買いといいます。

一見、下がっているところでロングエントリーになるので逆張りのように見えます。

もっと、大きな目で見れば全体的には上がっているワケですから順張りなわけです。

下降トレンドで下げているのか、上昇トレンド中に押し目に向かって下げているのか…

この違いを理解していない人は、押し目買いをしようとしている人に「逆張りしかしないんですか?」と質問しちゃうんでしょうね。

このような相場認識の視野が狭い人は勝てませんよ。

 

昨日の僕のトレードはドル円ロングを中心にユロ円ロング、ユロドルショートのエントリーでした。

ドル円は、前日の深夜に「明日は上げそうだなぁ」というオーダーに変化しつつありました。

普段は指値を指して寝ることはしないのですが、刺さったらラッキーくらいの下の方にロングを3つほど置いてみました。

完全に逆張りなんですが、逆指値はしっかり指定してチャンス狙いです。

なんと早朝にサンダーがあり、2つも刺さって朝を迎えました。

起きてからのエントリーでは入れない値だったのでラッキーでしたねぇ。

他はユロ円ロングはプラス、ユロドルショートは利確と損切りのターンがそれぞれありマイナスです。

損切りのターンは、またポンドさんが暴れちゃいました 苦笑。

最近、深夜の相場は動きますが難しいです。

 

昨日の戦績

+111.1pips 22戦16勝

¥+111,439です。

 

前日の結果はこちら。

 

 

・当サイトの情報を利用される際は、ご自身の責任と判断でお願いします。

・万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

・また、本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。

Posted by nagifx