2020.8.22 FX攻略日記 材料で反転の金曜日

昨日(2020年8月21日)の結果です。

 

昨日は、午後の指標ラッシュまでは概ね思惑通りでしたが、東京時間終わり頃から流れが変わりボラも高くなりやりにくくなってしまいました。

普通、ボラが高い方が良い人が多いと思いますが、僕の場合は1分足で大きく上下するような相場はリスクが高くなってしまいます。

エントリーの時点で6pipsの逆指値が自動で配置されるように設定してやっていますが、実際の損切りはロジックによりもっと少ないpipsで行います。

しかし、ボラが高いとロジック決済の場所が6pipsを超える事も多くなります。

ロジックではまだ損切りではないのに逆指値にかかってしまうので、切られた後に戻る損切り貧乏になってしまう恐れが出てくるわけです。

そもそも逆指値を6pipsに設定しているのは、FXTFに指値の制限があるためで、本来ならロジック決済の場所に設定できると良いのですけどね。

ボラが高くなると損切りが大きくなってしまうので、ロットも調整する必要が出てくるのがちょっと厄介です。

負けた時の事を考えて、それが許容範囲になければエントリー条件に当てはまらないというのが僕の考え方です。

どこで入るのか?だけ考えていてはダメだと思いますよ。

 

さて、昨日のトレードです。

珍しく東京時間開始前に5列ほど入って、4勝1敗+2.7pipsでスタート。

11:00前後は思惑が外れ、1勝4敗でマイ転になりました。

最大で-2.9pipsだったかな?

その後は、1~2時間間隔で1~2ポジずつポチポチして9勝1敗1分で終了というような流れでした。

ドル円S、ユロドルLSで全てプラスです。

 

課題は連敗のシーンです。

時々、ドタバタして連敗することがあります。

昨日も11:00前後の場面はユロドルの上下で4連敗。

短時間に狭い範囲で上下逆に打ち込んでいる感じで、ドテンの位置が悪いのです。

いつもドテンするわけではありませんし、上手くいくときもあります。

でも、負けが込むときの形はコレが多いので、コレをやめれば良いのか。

チャート的に咄嗟に手が出ちゃうパターンなので気をつけなきゃ。

 

チャレンジ口座のポンド円EAは、持ち越し無しで深夜までエントリー無しだったのでノートレードで終了かな?と思いながら寝たのですが…

寝た後に戻り売りのチャレンジがあったようで、週末強制決済で撃沈していました 笑。

ちょっと時間が足りなかったようです。

まぁ、今週は結構挽回してくれたので良かったです。

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

+5.9pips 21戦 14勝

+1,521円です。

 

チャレンジ口座(2020.1.2~)

-8.3pips 1戦 0勝

-913円です。

8月累計 -4,901円

全期間累計 721戦 442勝

全期間累計 -28,303円

口座残高 221,697円

(2020年1月2日スタート 原資250,000円)

EA収支累計(2020.7.6~)

-53.8pips 40戦 23勝

-7.148円です。

使用しているEAはこちら

 

前日の日記はこちら。

 

 

 

Posted by nagifx