2019.12.6 FX攻略日記 税制からみた国内口座と海外口座その2

昨日の日記では、税制からみた国内口座と海外口座その1ということで、

勝った場合、420万円までは海外口座の方が税金が安いというお話でした。

ただ、ぞれ以上になると、海外口座は国内口座に比べて非常に高くなることもあります。

また、負けた場合は、海外口座だと損ばかりの状況になります。

その2は、それについてお話します。

 

なぜ負けた場合に海外口座が損になるのか?

以下の税制のルールが関係しています。

税制が違うので国内口座と海外口座の損益は合算できない。

国内口座は損失の繰り越しができる。

海外口座は損失の繰り越しができない。

 

いくつかの例で説明していきましょう。

まず、国内口座と海外口座の両方を使った場合。

今年、国内で+100万円、海外で-100万円だった場合

自分の収支は0円になりますよね。

ただ、税制上は合算できないので、国内の+100万円に203,150円の税金がかかります。

海外の-100万円には何もありません。

国内の勝ち100万円ー海外の負け100万円ー税金203,150円=ー203,150円

収支は0円なのに、約20万円ほど税金を払う必要があります。

 

今年、国内で-100万円、海外で+100万円だった場合

上と同様に、自分の収支は0円ですが海外の100万円勝ちに151,050円の税金がかかります。

国内の-100万円は3年間の繰り越しができ、3年以内に国内で勝った分から引いて課税対象額を減らすことができます。

海外の勝ち100万円ー国内の負け100万円ー税金151,050円=ー151,050円

収支は0円なのに、約15万円ほど税金を払う必要があります。

 

では、国内口座のみ、海外口座のみの場合はどうなるでしょう。

次のようなケースが考えられます。

国内口座で、1年目-100万円、2年目-100万円、3年目+200万円だった場合

1年目と2年目はマイナスなので税金はかかりません。

そして、このマイナスは繰り越しができるので、3年目の+200万円と合算することができます。

つまり、3年目は+200万円ですが、課税対象額は1年目と2年目のマイナスと合わせて0円となり税金はかかりません。

3年間で、収支は0円、税金も0円です。

 

海外口座で、1年目-100万円、2年目-100万円、3年目+200万円だった場合

1年目と2年目はマイナスなので税金はかかりません。

そして、このマイナスは繰り越しができないので3年目には関係ありません。

3年目の+200万円には304,652円の税金がかかります。

3年間で、収支は0円、税金は約30万円です。

 

どうです?海外口座の税制って損じゃないですか?

勝った場合には、ある一定の金額まで海外口座の方がお得な面はありますが、それ以上に今日の内容の部分が大きなデメリットだと思っています。

海外口座は、上手くやれば少額から早く大金を手にすることも可能です。

しかし、リスクの高いトレードになりやすいので、すぐに口座が飛ぶこともよくあります。

そして、税制では不利な面も多い。

 

海外口座で上手くやれている人は問題ないです。

しかし、早く儲けるどころかずっと負けっぱなしの人はいませんか?

その原因は海外口座を使っている事にあるかも知れませんよ?

ハイレバだったり、広いスプレッドだったり…

早く儲けようとしない方が儲かるかもしれませんね。

 

昨日(2019年12月5日)の結果です。

 

昨日は、朝の段階でドル円上、ユロドル下のオーダーになっていました。

しかし、素直には動かずに、逆もあるオーダーに変化していきました。

まぁ、市場も色々な思惑があるのでしょう。

結果、状況は好転せず。

木曜日は思惑が外れることも多いので、こんなもんですかね。

 

持ち越しのユロドルSは年内に決着がつくのでしょうか?

今日の雇用統計や来週のFOMCやら英議会選挙で、長旅や最悪のゴールもあり得ますね。

うまく捌けるように動きが出れば良いのですが…

まぁ、覚悟してやっている事なので慌てず騒がずです。

 

チャレンジ口座は、持ち越しポンドドルS1列は間もなく逆指値のところに来ています。

内心では上がると思っているのにショートなので当たり前か 笑。

他に久しぶりにスキャルをしました。

S4列で3勝1敗のちょっとだけプラス。

ビビッて中途半端になりました。

 

本日の戦略(8:00現在)

本日の僕の戦略です。

 

今日は米雇用統計です。

さて、どうなるか。

 

ドル円はどちらかというと上目線ですが、上下あり。

少し下がれば下目線に変わるかも。

雇用統計もあるし、触りません。

 

ユロドルはどちらかというと下目線ですが、上下あり。

上は、燃料を刈れば用事が済みそうと思っています。

また先に上を刈らなければ下がらないのか?

ただ、材料でとことん上も想定しています。

持ち越しユロドルSを見守るFX。

 

ポンドドルは、やはり上なんでしょうかね?

ロングした方が儲かるのでしょうが、ロングをずっと持っているのは嫌なので下に張って待つ戦略は続けます 笑。

タイミングが合えばスキャルも。

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

新規エントリー、約定なし

 

チャレンジ口座(2019.6.3~)

+4.0pips 4戦 3勝

+218円です。

累計 -213,710円

残高 86,290円

チャレンジ累計 -8,714円

(2019年11月1日 95,004円スタート)

前日の日記はこちら。

 

 

 

・当サイトの情報を利用される際は、ご自身の責任と判断でお願いします。

・万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

・また、本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。

Posted by nagifx