2020年5月18日~5月22日のFX収支報告 スキャルピングについて考える

2020年5月18日~5月22日のFX収支報告です。

現在のトレードは以下の通りです

本口座

・FXTFMT4、ドル円、ユロドル、ポンドドルのスキャルピング

・1分足、移動平均線、RSI、RSI移動平均線、RSIのトレンドラインによるエントリー&決済

・5分足、15分足、オーダーブック、通貨強弱等で環境認識

・1列2万通貨で検証中

チャレンジ口座①

・OANDA東京サーバーでドル円、ユロドル、ポンドドルのデイトレード

・ドル円とユロドルは通貨強弱とOANDAオーダーブックによる判断

・ポンドドルは5分足のボリンジャーバンド

・資金に合わせて常にほぼフルレバ

チャレンジ口座②

・IG証券ノックアウトオプション

・カニトレーダー氏のカニ子ロジック

・12:00前後にエントリー

・決済は24時間後、または良さそうなところで

 

今週のまとめです。

 

今週は、デイトレで大きく狙った分が失敗に終わり、大きくマイナスとなりました。

引きが良ければ大きく勝っていたというギャンブルチックなトレードですね 苦笑。

スキャルはまだ曖昧さはあるものの日次でプラスにできている感じで、なんとかコレを完成させたいところです。

 

ロウソクの並びが偏るところを探していますが、EA化しての検証ではインジ単体の条件で全て二分の一。

条件を複数組み合わせる事や決済のルール次第でプラスになるロジックができそうな感触です。

現在の超短期スキャルをEA化するスキルはまだないので、今は一つ一つ区切って検証するしかできませんが、二分の一を確認できるだけでも自信につながります。

 

陰線→陽線から陰線→陽線→陽線という偏りを探し続けていましたが、検証の結果、どんな場面でも確率は二分の一という事が分かったので、陰線から陰線→陽線になるところを狙っても同じだという考えに変わっています。

いずれにしてもダメならサクッと損切りすれば良いわけです。

極端な話をすれば、上昇中ならちょっと下がったところでロングして、まだ下がるようなら損切り、上がったら利確っていう感じでやればよいのです。

そして、インジやチャートの様子からいかに精度を上げられるか…今はそんな感じで考えています。

あくまでも僕の超短期スキャルの考え方ですけどね。

 

FXですごく稼いでいる人はスキャルピングが多いようですが、なかなか情報が出回っていません。

僕は1ターンで1列が基本でたまに2列にする時がありますが、主流は連打系なんじゃないかなと想像しています。

買い下がりや売り上がりで何列か入り、ダメでもある程度戻る事が多いので、そんなときはグロスで切る。

その方が効率が良いと感じますが、戻らず失敗の時は損失が大きくなるのが僕は嫌です。

損小利小で勝率勝負な感じですかね。

利小でも勝ちが積み重ねられるのならハイレバで収益は上げられると思うのです。

そして、ハイレバにするためにはメンタルが影響しないロジックや自信が必要と考えて今試行錯誤中なわけです。

 

余談ですが、色々とスキャルを経験したり見てきましたが、急変動での飛び乗り連打や逆張り連打のスキャルは注意が必要です。

指標やストップロスで走るところなどですかね。

指標ギャンブルのスキャルパーも良くいかけますが、いくつかのパターンはあるにしろ再現性というか確実性にかけますね。

例えば、急変動で1分足が長い陽線をつけたとします。

この後の動きは、

・次の足も長い陽線

・上げそうな雰囲気を見せて、でも下がる

・一旦長いひげをつけそうな動きをして戻り、さらに上がる

・一旦長いひげをつけそうな動きをして、さらに上がるがやはり下がる

・長いひげをつけて下がるが、下げそうな雰囲気を見せただけでやっぱり上がる

・ひげはつけなかったがそこが天井となり下がりだす。

・長いひげをつけて、そのまま下がりだす…

考えられるパターンはまだ他にもありますよね。

普段、1分足レベルでのスキャルをしていない人が急変動の時だけ参加すると痛い目にあいますよ。

タイミングが合えば爆益ですが、くそポジを抱える事になったり、何往復もビンタをくらうことも多いです。

一瞬でたくさん儲けられるから魅力を感じるかも知れませんが、一瞬で地獄行にもなります。

 

普段からスキャルピングが専門の人なら良いかも知れませんが、デイトレーダーは、わーっと動いたところは静観した方が良いんじゃないでしょうかね。

ストップロスで走るところもそうです。

テクニカルで言うと、ラインをブレイクして走るところです。

スキャルピング専門の人はここを狙うかも知れませんが、デイトレーダーはその後の押し戻りで、押し目買い戻り売りを狙いましょう。

あ、わーっと動くところを狙う手法のスキャルパーは全く問題ありませんよ。

 

と、まぁ偉そうな前置きが今回も長くなりましたが、今週のトレードです。

今週はデイトレードが酷い状態でした 苦笑。

まぁギャンブルちっくなデイトレなので、ただ負けただけですね。

もし勝てていたとしても、ただ勝っただけ。

勝ってたらお金が増えてたのになぁってぐらいな感じです 笑。

たまにギャンブルすると必ず負けるの法則ですね。

FXでギャンブルしないように、他のギャンブルでもしようかな 笑。

 

本口座は、スキャル部分はプラスですが、デイトレでがっつり負けました。

深追いしたドル円Lが大きく負けで、他は全てプラスです。

つまし、そういう事ですね 笑。

 

チャレンジ①は、とりあえず約定分はプラスですが、含み損のドル円Sを持越し中。

OANDAの取引量確保が必要で運用している部分もありますが、なんのチャレンジだか分からなくなっている面もありますね。

本口座のスキャルの片手間でやっていていい加減になっている面もあるので、再考が必要かも知れません。

EAでも動かしてみようかと考え中です。

 

チャレンジ②は、3つも口座を弄っている余裕なし&これといった対象通貨がなしでノートレードでした。

とりあえず、このままの形で続けます。

 

今週の収支です。

本口座

2020年5月18日~5月22日の通貨別成績

ドル円 -227.5pips -45,476円(166戦 124勝)

ユロドル +16.5pips +3,300円(16戦 14勝)

 

2020年5月18日~5月22日のFX収支報告

182戦 138勝

勝率 75.8%

獲得pips -207.6pips

約定損益 -41,223円

スワップ損益 24円

合計 -41,199円

 

年間成績

2018年 +881,893円

2019年 +1,180,776円

2020年の成績

1月累計 -253,630円

2月累計 -258,935円

3月累計 +67,500円

4月累計 +17,134円

5月累計 -38,804円

今年累計 -466,735円

全期間累計 +1,595,934円(2018/9/18~)

 

チャレンジ口座①

2020年5月18日~5月22日の成績

月 3戦 3勝 +5.7pips

火 2戦 2勝 +4.2pips

水 決済なし

木 決済なし 

金 2戦 1勝 +1.2pips

今週合計

7戦 6勝 +11.1pips

勝率 85.7%

約定損益 +1,724円

スワップ損益 +3円

合計収支 +1,727円

 

チャレンジ口座①累計

1月累計 +6,391円

2月累計 +1,644円

3月累計 +640円

4月累計 -20,151円

5月累計 +7,734円

全期間累計 -3,742円

口座残高  96,258円

(2020年1月3日 100,000円スタート)

 

チャレンジ口座②

2020年5月18日~5月22日の成績

今週合計

決済&新規エントリーなし

 

チャレンジ口座②累計

2月累計 +11,279円

3月累計 +14,342円

4月累計 +14,980円

5月累計 +7,459円

全期間累計 +48,060円

口座残高 148,060円

(2020年2月3日 100,000円スタート)

 

先週の収支はこちら。

 

 

Posted by nagifx