2019.12.10 FX攻略日記 オーダーとボリンジャーバンドで…

昨日(2019年12月9日)の結果です。

 

昨日は、新しいやり方を始めるために、塩漬けユロドルSをどこで処分するか考えていました。

下がりにくそうとは思いましたが、ユロドルだし、午前中はわずかに下向きだったので様子を見ることに。

しかし、午後からは反転し、結局あまり良いところで損切りをすることができませんでした。

 

さて、新しいやり方ですが、オーダーとボリンジャーバンドを使って、ドル円とユロドルのスキャルピングをしようという考えです。

今まで、ドル円とユロドルは基本的にオーダーのみで判断していました。

エントリーから利確、損切りの全てがオーダーによって決めるロジックです。

この手法で8か月連続プラス収支にはなりましたが、ユロドルでは大事故にもなりかねない方法も取っていたりもします。

逆指値を深くして損切りにならないやり方は諸刃の剣です。

分かっていてずっとやっていましたが、儲かっているうちにやめようかなと思いたったわけです 笑。

まぁ、ドル円ロングも調子が悪いし、他の方法がないかな?っていう感じですね。

 

オーダー手法がダメなわけではなく、ドル円とユロドルはオーダーが無いとトレードできないくらい重要に思っています。

もちろん、思惑通りに動かない事もありますが、僕にとっては視覚的に未来がイメージできる優れものです。

1年間、これを使ってきた経験と、最近チャレンジ口座で使って覚えたボリンジャーバンドをコラボさせてみようという企みです。

 

オーダーで状況を認識しながら、1分足のボリバンでエントリーする。

獲れるのは数pipsでも場面はたくさんあるように思います。

損切りも5pips前後ぐらいにして、担がれて待つのは無し。

利確はオーダーとボリバンを見ながら。

これならハイレバでイケるんじゃないかなと思うのです。

損切りをガンガンするのが必須ですけどね。

 

で、やって見た結果です。

10万通貨で5~6列のエントリーを何セットか。

1度も含み益にならずに逆行したのは、ロンフィク前後に2回だけ。

しかし、収支は大きくマイナスです。

理由はいくつかありますが、一番の理由はオーダー職人の性でしょうか 笑。

どうしても燃料を取りたくなっちゃって利確ができませんでした 苦笑。

ドル円が下の燃料ギリギリで何度も跳ね返ったせいもありますが、スキャルならそこで利確でも良いじゃないって感じですね。

損切りは待たないのに、利確を待って逃す…

これでは、マイナスを蓄積するばかりです。

 

逆指値の設定も微妙だったかな?

切られて1pips以下での反転も多かったし…

ちゃんと利確していれば掛からなかった逆指値ですけど 苦笑。

 

チャレンジ口座は、性懲りもなくポンドドルのショート。

持ち越していたポジは夕方に切られました。

その後、ロングしたりショートしたりしましたがダメで、最終的に天井付近でショートしたポジを保有中です。

 

本日の戦略(8:00現在)

本日の僕の戦略です。

 

今週は、もう分かんないですね 笑。

今日はゴトー日か…

 

ドル円は、上下に燃料あり、買いのPP組が目立つ、下は買いの指値が厚いが上は売りの指値が少ない。

どちらか選ぶなら下か?

 

ユロドルは…

上下に燃料あり、売りのポジションが多いがそれほどPP言ってないように思える、下の指値が厚めだがユロドルはそんなの関係ない。

どちらか選ぶなら…( ˘ω˘)スヤァ

 

ポンドドルは…夕方に指標もあるし、考えても無駄ψ(`∇´)ψ

指標の予想が前回の値よりも良い数字なのが気になるところ。

予想屋やらかし案件なら…

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

-330.8pips 76戦 29勝

-182,889円です。

 

チャレンジ口座(2019.6.3~)

-114.3pips 6戦 1勝

-6,145円です。

累計 -219,969円

残高 80,031円

チャレンジ累計 -14,973円

(2019年11月1日 95,004円スタート)

 

前日の日記はこちら。

 

 

 

Posted by nagifx