2019.8.6 FX攻略日記 これが夏枯れ相場ということか!

昨日(2019年8月6日)の結果です。

 

昨日は、非常にワカメな相場でした。

ここ数日、ドル円もユロドルもボラの高い状態が続いています。

7月の終わり頃から「夏枯れ相場」というワードをよく耳にするようになりました。

夏枯れ…のイメージから動かないのか?と思っていましたが、そうでもないようです。

もちろん、特に何もなければ動きは鈍いのでしょう。

しかし、参加者が少ない分、値動きが軽くなり、ちょっとの事で大きく動く…

 

年末年始なども同じような事が言えるのかなと思います。

タイミングが合えば稼げますが、ずれると火傷のパターンですね。

早めの判断が必要だと思いますが、ジタバタすると往復でやられかねません。

オーダーも効いているようで効いていない…効いていないようで効いている…

 

本口座では、封印していたユロドルロングを開放してみました。

前日に1円上げ続けて、まだ上にたっぷりと燃料がある状態。

そして、今日も明けてから上げていました。

この状態で、上がるのを眺めているのは愚策だよなぁって思ったわけです。

 

スプレッドの広がりが治まったところで、損切りは浅めに置いて1列だけエントリーしました。

まぁ裏切られたとしても「ここまでしか取りに行かんのかい!」程度だと思っていたのですが…

僕は相当、相性が悪いようです。

僕がロングエントリーしたのは、ほぼ天井。

損切りライン手前でしばらくもみ合いの後、再び下降でした。

状況的には損切りラインの設定は良い感じだったようです。

 

昨日は、他に2ターンほどユロドルLをチャレンジしましたが、タイミングが悪く微益撤退。

見ているだけの時に上げていました 笑。

なんでこんなに相性が悪いんだろう。

 

他にエントリーしたドル円LとS、ユロドルSは良い感じで獲れました。

前日と同様に長く持ち続けることは避けて、早めの利確で急変に巻き込まれないことを意識していました。

さらに伸びても気にしない作戦です。

 

チャレンジ口座は、3連敗スタート後の5連勝でノルマ達成でした。

ポンドドルのロングとショート両方で獲ったり獲られたり…

改善を考えている最中なのであれですが、最終的にノルマ達成できたのは低Lotだからだと思います。

この感じは、機械的にやったとしてもハイレバではメンタルが持たないなぁと…

現状だと、利確や損切りは機械的にできますが、エントリーが曖昧な裁量過ぎるので怪Dです 笑。

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

+107.5pips 42戦 34勝

+41,413円です。

 

チャレンジ口座(2019.6.3~)

+5.7pips 8戦 5勝

+1,191円です。

累計 -126,751円

残高 73,249円

 

前日の結果はこちら。

 

 

 

Posted by nagifx