2020.10.22 FX攻略日記 良く動く時間帯は…

先日からヒストリーデータの四本値のデータを使い、いくつか分析をしています。

その中の一つを紹介します。

僕はスキャルピングなので、良く動く時間帯を把握している方が効率よくトレードができると思い調べました。

図は、ユロ円の1時間足のデータから1時間のボラの平均を出したものです。

 

時間はサーバー時間で、時間の下の数字が各時間の平均ボラ(pips)になります。

夏時間、冬時間についてはよく分からないので考慮していません。

東京時間なら仲値前後(図の3:00~4:00)

後はロンドン開始の1時間前くらいから開始2時間後くらいまで(図の9:00~12:00)

ニューヨーク開始の1時間前くらいからロンドンフィックスまで(図の15:00~18:00)

当然、日によって違う時間帯に動く日もありますが、平均すると上記の時間帯に動きやすい傾向にある事が分かります。

通貨によっても変わると思いますが、ドル・円・ユーロの関係だとこのような感じになりそうです。

他の通貨についても後ほど調べようと思います。

長期のトレードならあまり関係ないかも知れませんが、短期のスタイルの方法なら意識すると良いと思います。

 

昨日(2020年10月21日)の結果です。

 

昨日は、意表をついてドル円が大きく動きました。

僕の思惑では、ドル円はあまり動かず、ユロドルが上昇するのに連動してユロ円も上昇するイメージでいました。

出だしはそういう雰囲気もあったと思いますが、ドル円も動き出し、ユロ円はそちらについて行く感じになって計画は崩れてしまいました。

ドル円と一緒に大きく下がった時間帯が、丁度やらない時間やできない時間と被っていたため手を出していません。

いつもタイミングが悪いですね 苦笑。

昨日のように、ドル円とユロドルが逆向きに動いている時は、ユロ円ではなくドル円やユロドルをやった方が分かりやすいかも知れませんね。

まぁ、そもそも大きなトレンドが獲れるやり方ではないので良いんですけど。

とりあえず、今は損中利小気味な感じもあるので、損小利利小~損小利中ぐらいになるように、調整することを優先しようと思います。

すんなり巡行しなかったら2pips以内くらいで損切りをする…などの方法も検討中です。

ヘタをしたら損切り貧乏になりそうですが、平均負けpipsは下げられると思います。

その分、利確を伸ばせるかが鍵になるのかな…

昨日のトレードは、ユロ円のLSで、両方ともプラスです。

 

チャレンジ口座のポンド円EAは、早朝にエントリーして担がれていたSが戻ったところで微損で損切りでした。

その後の動きを見ると一番良いところで逃げた結果になりました。

夜の部は、早朝になってからLエントリーで現在保有中です。

 

本日の戦略(8:00現在)

本日の僕の戦略です。

 

今日は、夕方にベイリーBOE総裁の発言があります。

米大統領選挙の討論会もあるようです。

他にも思惑が色々と錯綜している感じもするし、木曜日だし、上手く流れに身を任せられるかどうかですかね。

よく分からんところはやらん、そしてポジってダメなら早めの損切り、が今日の戦略です。

とにかく今日もブレずにシンプルに!

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

+9.9pips 16戦 12勝

+1,089円です。

 

チャレンジ口座(2020.1.2~)

-2.5pips 1戦 0勝

-277円です。

10月累計 -8,598円

全期間累計 769戦 468勝

全期間累計 -64,802円

口座残高 185,198円

(2020年1月2日スタート 原資250,000円)

EA収支累計(2020.7.6~)

-413.1pips 85戦 46勝

-43.869円です。

使用しているEAはこちら

 

前回の日記はこちら。

 

 

Posted by nagifx