2020.7.18 FX攻略日記 回線不通…

昨日(2020年7月16日)の結果です。

 

今朝起きたら、EAがポジションを持越ししていました。

週末は強制決済のロジックなはずなので???となったわけですが、どうやらパソコンのネット接続が切断されていたようです。

起きた時も接続は切れたままでした。

切断されたのが3:00頃で、先日のエラーが出た時と同じ時刻です。

何かパソコンやネットワークの環境に問題がある可能性が考えられますね。

とりあえず、ネットを有線LANに変えてみるとするかな。

2台動かしていて、もう一台は大丈夫なのでパソコンの問題かな?

 

昨日は、出だしが不調でマイナス先行でした。

前半に-18pipsぐらいまで行ってからのスタートになり苦しい展開。

中盤から噛み合いだし、最後はロンフィクで伸びたユロドルLを1列で10pipsまで伸ばせたのが大きかったです。

 

昨日の負ターンの特徴は3つです。

・エントリーのタイミングが早かったり遅かったり。

・伸ばそうとしたが伸びずに戻された。

・方向が外れたり、外れたと思って損切りを先走った。

 

曖昧になっていたエントリーのタイミングを明確に戻しました。

先走ってしまったり出遅れたりして、その通りにできなかった部分やMT4の反応の問題などでエントリーのタイミングが悪かったものがいくつかあります。

天井ロングや底ショートが時々…

 

エントリーを明確にしたことで損切り位置も明確になり、1分足の小さなトレンドを狙いやすくなったので、利確を伸ばす意識を持つようにしました。

いつでも伸びるわけではないので、ダメなときはあります。

前半は伸びないタイミングが多かった感じでしょうか。

この辺りの見極めに慣れる必要があるようです。

引っ張り過ぎてもダメですね。

でも、昨日はいつもより大きめに獲れたのが多いです。

 

エントリーは1分足の押し戻りを狙う感じです。

例えば、上昇中に少し下がったところで陰線→陽線の並びになったらロングエントリーです。

(※他にも見ている条件はあります)

この時、1本前の陰線の安値が損切りの目安になるのですが、次の足でそれを超える陰線になるとショートのエントリーに変わります。

これが、方向が外れた状態です。

まぁ、よくある事で仕方のないことです。

ただ、損切りラインに達していないのに、ハズレと決めつけて早めに損切りをする時があります。

で、結局そのラインは超えずに、当初の思惑通りに進んで無駄な損切りになる事も…

早めに見切ってもよい場合もあるので、見極める腕を上げたいです。

 

さて、トレードです。

本口座は、ドル円とユロドルのLSで全てプラスでした。

オジ円は、監視対象から外す事にしました。

上下するスピードが僕に合いません。

ドル円とユロドルぐらいのスピードじゃないとやりにくいです。

また、OrderAgentのおかげでpipsと値動きに集中できて良い感じです。

トータルの金額も時々確認しますが、それよりもトータルpipsを目安にしています。

 

チャレンジ口座のEAは、早朝にエントリーしたポンド円Lが9:00過ぎに利確で終了でした。

夜中にポンド円Sのエントリーがあったようで、本来なら週末強制決済になっているハズですが、上述の通りネットの切断で持越しになっています。

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

+15.8pips 58戦 37勝

+4,131円です。

 

チャレンジ口座(2020.1.2~)

+17.5pips 1戦 1勝

+1,925円です。

7月累計 -10,488円

全期間累計 691戦 342勝

全期間累計 -25,267円

口座残高 224,658円

(2020年1月2日スタート 原資250,000円)

EA収支累計(2020.7.6~)

-36.2pips 10戦 6勝

-4,183円です。

使用しているEAはこちら

 

前日の日記はこちら。

 

 

Posted by nagifx