2020.3.5 FX攻略日記 損切り貧乏を回避するには…

昨日(2020年3月4日)の結果です。

 

材料で動く相場は続いていますね。

昨日は概ね、円売りユーロ売りで動いた形でした。

やりにくさという点では、少しマシだったかなと僕は感じました。

漠然と抱えていた不安や恐怖心がなくなった為かもしれませんが…

 

本口座は、プラススタートしたものの、2戦目から損切り貧乏ターンに陥りました。

もみ合う場面では1~2分で上下がコロコロ変わる小さなレンジになるので、どうしてもマイナス決済が増えます。

ここを如何に避けるかがポイントになってきました。

そもそもエントリーし過ぎだとも思うので、エントリー条件を増やす必要があると思っています。

とりあえず、エクスパンションからスクイーズに向かう時が一番ワカメになりやすいので、そこは避けようかな。

あとは、ロウソク足が条件になっていても、バンド内での位置によって精度が変わるのは当たり前なので、範囲を狭めることも有効ですね。

 

ロウソク足が条件になった際にエントリーするかしないか、この部分だけが裁量で難しいところです。

少し条件を増やせば裁量の割合も減らせるのでハズレにくくならないかなと考え中です。

まぁやってみないと分からないので、今日からですね。

 

昨日は、午前中に大きくマイナスになってややマイナスにまで戻し、夜にまた大きくマイナスになってチャラまで戻しましたが、最終的に11pipsチョイのマイナスで終わりました。

急な動きが出ると1本のロウソク足が長くなり、損切りが大きくなってしまいます。

あと、節目の時間を忘れてジャストにエントリーし、逆行を食らったのも何度かありました。

まだまだミスが多いです。

極めるために精進します。

こういう練習をデモ口座や極小ロットでやる事も考えられます。

しかし、それだと負けても痛くないからテキトーになっちゃう性格なので、ある程度の実弾で頑張ります。

 

チャレンジ①は、昨日も取引量狙いの刻む戦略でした。

ドル円の上の燃料は夜に狙おうと思っていたら、夕方に行っちゃたので戦意喪失。

夜は触らずに終了でした。

 

チャレンジ②は、カナダ円Lのエントリー。

夜にカナダの政策金利があったので、それまでに決済のつもりでしたが、運よく夕方にドル円が噴いた時につられたのでそこで利確。

もう少し上がった場面もありましたが、政策金利でサンダーだったので助かった感じです。

クロス円って怖いなぁ…

 

本日の戦略(8:45現在)

本日の僕の戦略です。

 

今日は9:30オージー貿易収支、22:30米失業保険件数、深夜にカーニー&ポロズの発言です。

OPEC臨時総会なるものもあるようですが…これは何?

 

オーダー状況は

ドル円は、上に燃料があり下は無し。

あいかわらず、謎の買い指値がついて回っていますが、最近はガバガバで機能している感じはしません。

木曜日なので分かりにくいなぁ…という感じですが一応上目線です。

 

ユロドルは、上になったり下になったりですね。

現在値では上に夢がある形で1.12前半まで見えています。

ただ、少し下がれば下が見えて1.10前半まで。

ポジション的には売りポジションが極端に多いので、上目線が妥当でしょうか。

 

ポンドドルは境界線の攻防を下に抜けてから戻ってきています。

日足のミドルラインまでは戻りそうだなと思うので、上で見ています。

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

-11.7pips 143戦 84勝

-3,592円です。

 

チャレンジ口座①(2020.1.2~)

+1.5pips 6戦 5勝

+270円です。

全期間累計 303戦 179勝

3月累計 +2,980円

全期間累計 +11,015円

口座残高 111,015円

(2020年1月2日 100,000円スタート)

 

チャレンジ口座②(2020.2.3~)

+10.2pips 1戦 1勝

+2,040円です。

全期間累計 20戦 14勝

3月累計 +6,228円

全期間累計 +17,507円

口座残高 117,507円

(2020年2月3日 100,000円スタート)

 

前日の日記はこちら。

 

 

Posted by nagifx