2020.1.23 FX攻略日記 利確は相場の都合に合わせる

昨日(2020年1月22日)の結果です。

 

昨日は上下に荒く動きながら、目線とは逆方向に進んだ感じになりました。

しかし、状況に合わせて対応できたかなと思います。

燃料の手前で反転し、目的地になかなか到達しない感じが繰り返されると疲弊しますね。

 

以前にも書きましたが、相場の都合と自分の都合…

エントリーは自分の都合と相場の都合が合えば成立します。

損切りは自分の都合と相場の都合があっちゃうと決行しなければなりません。

どちらも自分の都合を変えるわけにはいかず、相場の都合が合うまで待つのです。

それが、ルールを守るということ。

自分の都合と相場の都合が合わなければ、エントリーも損切りもしなければ良いのです。

 

では、利確はどうでしょう?

ルールを守るという点では、自分の都合は変えずに相場の都合が合うまで待つべきです。

しかし、いつも都合よく行くわけではありませんよね。

状況に応じて、自分の都合を変えた方が良いのではないかと思います。

自分の都合と相場の都合が合わなければ利確しない…

自分の都合を相場の都合に合わせれば解決することもありますよね。

 

チャレンジ口座は、持ち越していたユロドルSが含み益20pips超えまで行ったものの、建値付近に置いていた逆指値まで戻り微利確で終了。

その後は、ユロドルLS、ポンドドルLなどを状況に合わせてエントリーし利益を上げました。

もはやなんのチャレンジか分からなくなっていますが、オーダーを中心にしたデイトレードの検証にはなっているかな?

 

本日の戦略(10:00現在)

本日の僕の戦略です。

 

今日は夜にユーロの政策金利があります。

 

朝からオージーやカナダが暴れていて、他通貨の強弱が分かりにくくなっています 苦笑。

円が強くドルが弱い感じでしょうか。

ユーロも弱めでポンドは強くなりそうな気がします。

 

オーダーは

ドル円の燃料は、直近では下が多い感じです。

ただ、全体的には上に広く燃料地帯が広がり、ポジションも売りが多い状況です。

現時点では、先に下を取るかもしれないけど上目線…という判断ですかね。

ただ、先に下に行った場合、その時のオーダー状況がどう変化するか注意が必要です。

 

ユロドルは、下に大きな忘れ物があります。

ただ、そこまでは少し距離があり、そこまでの燃料が今は足りない状況です。

上の燃料もそれほど多くはなく、買いのポジションも貯まっているので上がりにくい感じでもあるので、夜の指標に向けて様子見になるのでしょうか?

 

ポンドドルは、昨日の上げで重要なポイントを上抜けしています。

今日は、上目線に変わるのか、戻るのか注視する必要があるかなと思っています。

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

+24.0pips 57戦 42勝

+12,000円です。

 

チャレンジ口座(2020.1.2~)

+37.4pips 6戦 6勝

+4,639円です。

累計 56戦 40勝

収支累計 +12,200円

口座残高 112,200円

(2020年1月2日 100,000円スタート)

 

前日の日記はこちら。

 

 

Posted by nagifx