2019.12.4 FX攻略日記 強気のドル円Lほど負ける…

昨日(2019年12月3日)の結果です。

 

昨日は、月曜日のISMからの流れで含み損になったポジ達の行く末を見守る日でした。

東京時間は、もしかしてイケル?って思う感じでしたが、欧州やNYはやはりひっくり返してきました。

 

ここ最近の負けの日は、ほぼドル円Lです。

しかも、強気の時に負けのターンになることが多いです。

負けの原因は主に材料系ですね。

強気のエントリーなので、枚数も多く逆指値も深い状態。

なので、負け額も大きくなっちゃいます。

 

その前によく負けていたのがユロドルLでした。

逆にあまり勝ったことがないくらいかも 苦笑。

それで、封印をしたわけですが…

封印後の8月や9月に、どう見てもユロドルLでしょ…っていう日が何度かあり、トライしたことがありました。

でも、それもことごとく失敗。

 

ん?ってことはドル円LもユロドルLも自信のある時に負けているってことか?

 

昨日は、結局ドル円Lが逆指値に刺さり終了でした。

逆指値の手前でもみ合いになって2時間半後にズドンと下がり、さらに下へ。

まぁ逆指値の設定としては悪くないポイントだったかなと考察しています。

結果的に抜けられましたが、しっかり抵抗したラインでした。

あとは、ここまで深くした方が良いかの問題はありますが…

 

その後、下の燃料をある程度取った段階で、用事が済んだ感のオーダーに変化してきたので逆張りでエントリー。

逆張りなので、逆指値は浅めです。

一旦はイケそうな雰囲気になり含み益もそれなりになりましたが、またもや戻されました。

発言系の材料が多く出ていたようです。

朝までに売りポジの利確で少し上がったような感じがありますが、ゴールはSLかTPか…

 

ユロドルは、上に燃料を蓄えた状態なので、用事を済まさないと下がらないんでしょうかね?

まぁ、いつもの売り上がった時のパターンになっています。

これは長旅コースかな?

慌てず騒がず見守ります。

 

ポンドドルは、1.30行きましたね。

チャレンジ口座は、ポンドドルSで逆指値1.30200の下張り戦略をしています。

レンジ予想でこの戦略ですが、予想の上限まで来ましたのでブレイクするか戻るか…

ついでに本口座でもショートしてみました 笑。

 

本日の戦略(8:00現在)

本日の僕の戦略です。

 

今日はADPやISMなどの指標や、昨日に引き続き発言系もありそうな予感がするので、材料で動く事も考えられます。

でも、すでに持っているポジションがどうなるかの待つFXに変わりなしかな。

今の僕はそういうターンです。

僕の都合と相場の都合が一致するのを待つだけ。

 

一応、見解。

ドル円は下がっても限定的と考えていますが、逆指値は浅めに。

上の方が燃料が長く続いていますが、上がるかどうかは微妙。

 

ユロドルは、上下に燃料があるが、上の方に大きな塊がある状況。

直近下にも燃料が増えています。

以前にも時々あった、上にも下にも燃料があるのに動かないというオーダーに似てきました。

材料待ちになるのか?

 

ポンドドルは、上記の通り、僕が考えているレンジ上限に来ているので、上にブレイクするかどうか。

ブレイクしたら逆指値が待っています。

 

いずれも仕込み済みなので待つFXです。

 

昨日の戦績

本口座(2018.9.18~)

-452.3pips 8戦 0勝

-157,472円です。

 

チャレンジ口座(2019.6.3~)

約定なし。

累計 -198,959円

残高 101,041円

チャレンジ累計 +6,037円

(2019年11月1日 95,004円スタート)

 

前日の日記はこちら。

 

 

 

・当サイトの情報を利用される際は、ご自身の責任と判断でお願いします。

・万が一、当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねます。

・また、本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。予めご了承下さい。

Posted by nagifx